fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

アトリエ「あんずくらぶ」のご紹介

大人も子供も自由に創作できる「空間」を提供しております。 子供のアトリエにおいては 「アートが育てる心と能力・親の為の子育てサポート」をしております。 (アートランドのHP)http://www.art-land.jp/

「色彩心理」とは

一言で言うなれば、「色」を研究する学問です。 みなさんが見ている「色」というのは、「光」です。 「光」が、物体に当たり 反射しているものが「色」なのです。 その「色(光)」の本質を研究する学問なのです。
              

「色が及ぼす影響について」

「色」には気分以外にも 実際に身体まで変化させる力があります。 「色彩」はみなさんが考えているよりも はるかに 複雑にそして強く生活に関わっているものなのです。

「アートセラピーとは」

一般には(芸術療法)と言われているものです。 アートセラピー(芸術療法)の範囲は広く、絵画だけでなく音楽やダンスなど 創作表現全般をさす場合もありますが、アトリエでは「色彩」による表現 (描画・ぬり絵・工作)などの創作を中心に「治療」を目的ではなく「癒し」を 目的に活動をしております。

思春期

「反抗期」といえば 最初に来るのは 4、5歳の頃でしょうか。

今まで とってもいい子だったのに なんだか すごく 反抗的で突っかかってくる(笑)。

あ~言えばこう言う、こ~言えば・・・

親として 本当に戸惑います。

ただでさえ 家事で忙しいのに 子供がイラッとする原因をつくる。。。

何かに付けて「イヤ!」「ヤダ!」「やりたくない!」

怒れば怒るほど 言うこと聞かなくて・・・。

その上 なぜか 怒られるような事ばっかりして・・・。

「怒られたいのか???」

と首をかしげたくなるほど どこまでも 怒られることを繰り返す。

「幼児虐待」の文字が頭をよぎる・・・。

(あ~なんか 虐待って言われても 叩きたくなる気持ちがよくわかるわ~・・・)

なんて 思ってしまう。


子育ての「壁」ですね(笑)。


過ぎてしまえば 懐かしい時期なのですが 今の現状がその状態の方々は

笑っていられないです。毎日毎日が 戦いですから・・・。


そんなこんなやっているうちに その嵐のような反抗時期も過ぎ 

いつのまにか落ち着いて そこそこ平穏な日々がやってきます。

そして何年かがすぎ 次に来るのは 小学4~6年の頃でしょうか・・・。


これまた 同じく 親としてイライラさせられる日々が続きますね。

いろんな 情報から得られることは 頭では理解でできるけど なかなか

心がついていかないのが現況です。


小学4~6年生ともなると 子供であっても 一人の「個」として考えなければ

いけない時期に入りつつあるのではないかと感じます。

毎日一緒にくらしていると そのような考えは しているようでいてしていないものです。

というより「できない」・・・と 言う方が正しいかもしれません。

(いつまでも 子供扱い)という状態。悪いとは言いませんが 子供側にしたら

「ウザイ」・・・の何者でもないでしょうね。


さて 前置きが 随分長くなりました。

2回目の反抗期が過ぎ去り「思春期」と言われる (ほぼ大人)の時期。

第三者からみたら 立派なお兄さんでありお姉さん。。。

でも 親からしてみたら なんにもできない子供。。。

いわば(子どな?)(笑)。。。


この時期になると 子供の側は こころが大きく変わるようです。

というより 変わっているけど 言葉に出していないだけ・・・。

そんな感じがします。


「親」を一人の「人」として捉えていると言ったらいいでしょうか・・・

「人対人」の接し方が必要になる時期なのに 親側は 今までと変わりなく

ズケズケと子どもの心に土足で踏み込んでくる。

一人になる時間が欲しいのに 「悪い事を企んでいる」

「何を考えているのか心配」などという理由で 

必要以上に関わろうとする。

親の(こころの)都合で ズケズケと入り込んでしまう。

私自身も人の親。。。「親」としての 心配な気持ちは重々理解しております(笑)。


思春期の頃の子どものアトリエの時間は 創作に没頭する子もいますが

ずっと話をしたがる子どもも多いです。

カウンセリングタイム・・・といった感じです。

この時期は「親」ではなく 「第三者の大人」がとても重要な時期のようです。

自分の「本心」をさらけだして言える第三者の大人。。。

中立な立場で物を捉えることのできる第三者の大人・・・。



創作教室ですが ただ 話をするだけのアトリエの時間。

ですが 他と違うのは 創作だけではない・・・。

ここは カウンセリングができるアトリエです。

カウンセラーがいる「子どものアトリエ」です。


思春期に入り 心がとってもデリケートな時期にさしかかった子供たちの

話を じっくり聞いて上げることのできるアトリエです。


子どもの悩みと言うのは いじめにあってるとかという事ばかりではありません。

いじめにあってなくても 普通に学校に行っていても それぞれにそれぞれの

悩みや不安 疑問などたくさん湧いてくるものです。

自分の想いは間違っているのか、こんな事を考えるのはいけないことなのか。

小さな事から大きな事 そして 親への想い。

「嫌い」じゃないけど 今は「イヤ」・「ウザイ」。。。自立期に入った証拠ですね。

それらの 想いをじっくり聞いてあげられる時間が大切なんだなと感じています。



悩みを話せるのには 信頼関係が必要です。

小さい頃から 通っていたアトリエだからこそ そういった悩みを

なんの壁もなく くつろぎタイムの中で 子供たちは話していけます。


楽しいことや嬉しいこと がんばれた事 自慢したいこと・・・たくさんたくさん

話しています。


たくさん 話をして 帰る頃には

「あ~先生に話して すっきりした!」

そう言って 満面の笑みでアトリエを後にします。

その笑顔をみていると アトリエっていいなぁ・・・と 嬉しくなります(笑)。



              title : 「二人の白雪姫」

二人の白雪姫



にほんブログ村 健康ブログ アートセラピーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井(市)情報へ
にほんブログ村

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

プロフィール

~ 藤田 佳恵 ~

Author:~ 藤田 佳恵 ~
「あんずくらぶ」は子どものアトリエアートランド提携アトリエとして2005年6月に福井県福井市にオープン致しました。
たくさんの子供たちが 創作を通し自分自身をのびのびと表現してきました。

2017年2月より末永ハート&カラーメソッドの理念を活かした個人アトリエに変更し子供だけではなく大人も対応しているアトリエとして活動を広げております。
また 大人だけでなく学生を対象とした個人カウンセリングもお受けしてます。

現在 保育園や小学校などの教職員向けの子どもの絵の捉え方などを講演する活動も行っております。


エネルギー

(主催者プロフィール)

・町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー修了

・福祉住環境コーディネーター業務・
インテリアコーディネート業務に携わる中、
色彩心理学に興味を持つ。

・色彩学校  色彩学校本科W10期修了
「色彩心理カウンセラーコース修了」
 認定番号 02W1027
(現在の名称は「色彩アートセラピスト」)

「チャイルドアートカウンセラーコース修了」
認定番号 1804W22-S

・国際アート&セラピー色彩心理協会会員 会員No.1804W22

・東日本支援クレヨンネット 
 心のケアボランティア(緑)ID:0810

・おとなの為のアートセラピー 主宰
・子どもアトリエ アートランド提携アトリエ 主宰 
 

管理人のFacebook

管理人の日常をつらつら…
管理人のフェイスブック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

フリーエリア

最近のトラックバック

リンク

「お問い合わせ」は   こちらまで♪

くま フォーム

最近の記事

いらっしゃいませ♡

RSSフィード

ブログ内検索